【叱る】と【働く】の意味。


最近、いくつかスタッフに対して思うことがあり、ふとこんなことを思い出した。

叱る

【叱る】というのは「然る」と捉える。

すなわち、相手にどうあるべきか「然るべき方向性を示す」または、行動を改善する提案をするのが、効果的な「叱り」である。

「怒る」は【叱る】ではないということ。

働く

【働く】というのは「傍(はた)が楽(らく)】と捉える。

すなわち、「働く」というのは傍(他者)の負担を軽くしてあげる、楽にしてあげるということ。

だからこそ自分が楽しくなければ、周りの人を楽しくすることはできない。

周囲の人を楽しませることを心掛けながら、【働く】こと。

この二つを結びつけると

上に立つものは、然るべき方向を部下にきちんと示し、下に続くもの同士が互いに楽しんで仕事ができる環境を作り続ける。

ということが見えてくるのかな。なんて。

この二つの意味をよく考えて、ROSSOを成長させていきたいものです。

では。

Ryoma Yamamoto

  • follow us in feedly

rycreations

横須賀・葉山エリアのヘアサロン【ROSSO Hayama / Sajima】で代表を務める【山本涼馬・ Ryoma Yamamoto】によるブログメディアです。

趣味は仕事と子育てとカメラ。現在、一歳の男児を育てながら「子育て奮闘記」や「飲み歩き放浪記」などパパ目線からのブログを執筆中。

サロンワーク以外にも、モデル撮影や雑誌掲載など、幅広く活動し、ヨコスカクリエイターズ事業協同組合の理事も務めています。

関連記事

  1. 美容室でのトリートメントは本当に必要?不必要?

  2. 新トリートメントメニュー《TOKIO》が想像以上に反響大だった

  3. 【インプット】と【アウトプット】を3回ほど繰り返すことで見えて来たもの。

  4. 2017年のS/Sトレンドを予測!春・夏に大注目のアビスカラーって?何色?

  5. 女性美容師もリーダーとして活躍できる組織を目指して。

  6. 二ヶ月お休みしました。

  7. 時間とお金と心の浪費と消費。

  8. 音楽と美容。演奏家と美容師。

  9. きちんと自分達の仕事の【生産性と時間管理】を話せる美容師。

PAGE TOP