初めての家族キャンプ〜そして伝説へ。山本家の珍道中Vol.1


こんばんは。いつにも増してリアルが充実した日記を書いてます。

一歳を過ぎた、リトルヤマモトを連れて初めてのキャンプに出かけました。

ここ最近、公私共にバタバタしていて、ふと気づけば息子はグングン成長していました。

なんだか最近、時間作ってやれてないな (毎日一緒にいる)

知らない間に成長してて寂しい (んでもまだ一歳だよな)

帰りも遅くなったり  (そりゃ当たり前だのクラッカー)

一緒にお風呂入れてないな (いや結構入ってるよ?)

 

と、結局ただ、ただ時間を忘れて家族でずっと一緒にいたい!

 

というだけのことです。

 

さて、前置きはそこまでで、出発!

 

といっても、やっぱり昼まではサロンワークをして、午後から出発!!

 

いざ!那須高原へ。

 

(行く先いろいろ探したけど、結局那須、、、なぜなら子供は一歳だし、コテージかキャビンがいいなあなんていうことと、犬がいっぱいいるから大所帯で迎え入れてくれるキャンプ場少なし。)

 

向かった先はこちら!

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-07-23-19-25

クリックでウェブサイトへジャンプします

 

 

結局なんだかんだ出発したのは13時半くらいで、東北道をひたすら北上し、那須到着は17時・・・・。

 

そこから一番近いスーパーで食材を買い込み、キャンプ場についたのは18時でした。。。。

 

しかも、なんと到着して知ったのが、キャンプ場の受付は17時までとな・・・・・。

 

受付(フロント)《本日の営業は終了しました》

 

焦って電話をかけるも・・・・

 

電話(自動音声)《本日の電話受付時間は終了しました》

 

 

「・・・・・・・・おい。まさか、ここまで来て車の中で寝て待てって言うつもりじゃねえだろうな。受付時間があるなんて聞いてねえぞ。ネット予約だコラ。おう?」

 

 

 

 

 

周りのキャンパー達は陽が落ちた、いい感じの雰囲気の中、パチパチと薪を燃やし夕食の準備をしている。

 

腹を空かしてグズる息子。

血の気が引き、殺気立つ父。

 

すかさず、ツカツカと歩き始め、受付の裏手に回り、無理やり交渉に出た妻。

 

 

 

「大丈夫。今開けてくれるって〜♪」

 

 

 

笑顔で戻ってきた妻は暗闇の中で輝く女神に見えた。

 

DCIM100GOPROGOPR0211.

 

着いて早々に、荷物を降ろし、夕飯の準備に取り掛かる。

こんな感じの、いい雰囲気のキャビン。

 

 

台風の影響もあるだろうと思い、自由なスペースが広めで、焚き火もできて、屋根があるキャビンを選びました〜。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-07-23-35-24

 

こんな「男前」な感じのキャンプにはならなかったですが・・・

家族三人には十分なスペース!

 

 

雨に濡れずに、焚き火してマシュマロだって焼けちゃいます。

 

img_3459

 

 

そんなこんなしているうちに、施設内の露天風呂が使える時間が迫っていたので、急いでお風呂へ。

 

えっさほいさと服を脱ぎ捨て、息子を裸にすると、遅い時間のせいか、ほぼ貸切状態の風呂へダイブ。

 

「あああ。さいっこうに気持ちいいね。ピピちゃん。」←気持ち悪すぎるとは思うが、私は息子をピピと呼んでいる。

 

壁の向こうで、妻が話しているのが聞こえてくる

 

「何歳なんですか?かわいいねー。一歳半なんですかー?うちもやっと一歳になったばかりで、初めてキャンプに来て〜云々」

「ちゃんと歩けるくらいになってから来ればよかったかなーって〜云々」

 

ママよ。

裸でも誰とでも仲良くなれる、その姿勢、好きだぞ。

でも、見てみろ、ピピはまだ歩けないけど、こんなに喜んで・・・い・・・

 

 

・・・・・・!!!!

『ピ、、ピピよ・・・ね、寝ている!!!!!!』

 

こんなところにまで来て、パパの秘儀『悩殺ゆらゆらお風呂』が効いてしまったとは。

ぐっふ。

 

パパまだ、シャンプーもしてないのに・・。

 

しかし、こんな時、ここで咄嗟に新しい秘儀を覚えたよ。

 

『カニバサミ高速シャンプー』

※説明しよう『カニバサミ高速シャンプー』とは寝ている子供を膝に挟み、浮遊させた状態でマッハで自分の頭を洗う秘儀。習得までには美容師歴15年とパパ歴1年の経験値が必要である。

 

 

残念ながら、風呂内部での撮影は不可能だったので

高速シャンプーを終えて、疲れ切った足ガクブル状態で撮った写真がこれだ↓

 

 

 

img_3443

 

安心してください。まだ寝てますよ。

 

 

まあ結局、キャビンに戻ってご飯の支度をしていたら起きましたとさ。

パパの努力っていったい・・・。

 

s__12468244

 

 

 

そして中途半端に寝た息子は、なかなか眠れずグズリまくりで夜はふけていきましたとさ。

 

 

 

とほほ。

 

それでは第二部『目が覚めてから・・』はまた明日公開します。

 

 

Ryoma Yamamoto

 

 

 

 

 

 

 

  • follow us in feedly

rycreations

横須賀・葉山エリアのヘアサロン【ROSSO Hayama / Sajima】で代表を務める【山本涼馬・ Ryoma Yamamoto】によるブログメディアです。

趣味は仕事と子育てとカメラ。現在、一歳の男児を育てながら「子育て奮闘記」や「飲み歩き放浪記」などパパ目線からのブログを執筆中。

サロンワーク以外にも、モデル撮影や雑誌掲載など、幅広く活動し、ヨコスカクリエイターズ事業協同組合の理事も務めています。

関連記事

  1. 1Day Photo Creation

  2. 開始10分。神が降りた。

  3. 父と子で過ごす二泊三日《未体験ゾーン》

  4. Hair & Make up

  5. 何か、こう、訴えかけているような。

  6. apple信者、所謂「リンゴ病」美容師

  7. Boys Be Ambitious《美容師を志すということ》

  8. 趣味と化したカメラ。

PAGE TOP