女性美容師もリーダーとして活躍できる組織を目指して。


コニャンちは。

ROSSO Hayama / Sajima 代表の山本涼馬です。

昨日は月に一度のデモンストレーション(発表会)の日でした。

今日のメインパーソナリティーは、我らがROSSOの可愛い末娘(2017年現在)

 icon-chevron-circle-right 佐島店ジュニアスタイリストの【福本里美】!!

テーマはズバリ【誰でも販売につながる】です。

 

 

兼ねてから、末娘に出していた、お題がありまして。

自分の商品販売におけるフィロソフィー的なものを皆にシェアしてほしいと。

去年の年末あたりからかな?

デモンストレーションの準備をさせておりました。

彼女にとっては、スタッフの前でスライドやプロジェクターを用いて、自分の意見を述べるという機会は、ROSSOでは初めての試みだったと思います。

実は、この内容というのも覗ける立場でありながら、見ないようにしていました。

Ryoma
全然関係ないですが、僕は寿司ネタでは海老が一番好きです。

なので、最後に食べるのは海老だと決めてあります。

 

 

それに近いイメージで、お楽しみは最後にとっておきたくて、彼女がどこまで考えて発表に至るか?は見ないようにしてきました、、。

この会の内容は、【商品の販売】について、ですが思いの外、よく考えられたスライドで話しのイメージもよく出来ていました。

カンニング用のノートを見ながら話している姿を見て、最後はああだ、こうだとフォローを入れましたが、初めてにしては上出来でしょう!

しっかりと話す順番や、内容、聞き手への配慮が出来ていて、アシスタントには目から鱗の内容だったと思いますし、何よりその【販売】に対する想いが感じられました。

ROSSOの提唱する、商品販売とは。

 

決して、押しうるのでもなく、かといって全くご紹介しないわけでもない。

目の前にいる、お客様の髪質をどうしてあげたいか?と真剣に向き合って、最善の策を一緒に考えあげてください。

それが、ROSSOの在り方だと。

そう、教えてきました。

彼女は、それをしっかりと継承している。

そして、実践をし、経験を活かして、下のスタッフにきちんと説明しておりました。

 🙂 ああ末娘よ。

こんなに成長してくれやがったなと。

親父としては、何文、言うことはないよ。。。

けど、何かしら言うんだけどな。

彼女の成長を真に受けた30分でした。

今考えている、フェイシャルの企画にせよ、メンズのお客様に対する考え方、バレンタイン、ホワイトデーでの企画にせよ。

ROSSOのコレクション撮影に対する意欲でさえも。

彼女が今、一番ROSSO愛が強いんじゃないかなと。

 

親父はそう、思う訳です。

彼女の成長に関して、言えることは多少無理して背伸びしながらでも、私らしく、私の形跡を残したいと。そう思っているところです。

モリモリと成績を上げて、ROSSOを引っ張っていける女性リーダーになってくれることを期待しています。

 

 

時に、葉山店にヘルプに入る時もあるから、皆さんご存知の方も多いかもしれませんが、本スタイリストへの昇格試験も控えておりますので、どうか、この【福本里美】の成長を見守ってやってもらえませんでしょうか?

よろしくお願いします。

では。

ryomayamamoto

  • follow us in feedly

rycreations

横須賀・葉山エリアのヘアサロン【ROSSO Hayama / Sajima】で代表を務める【山本涼馬・ Ryoma Yamamoto】によるブログメディアです。

趣味は仕事と子育てとカメラ。現在、一歳の男児を育てながら「子育て奮闘記」や「飲み歩き放浪記」などパパ目線からのブログを執筆中。

サロンワーク以外にも、モデル撮影や雑誌掲載など、幅広く活動し、ヨコスカクリエイターズ事業協同組合の理事も務めています。

関連記事

  1. 焚火を囲んで未来を語らう会。

  2. どれだけ成長しているかを測るのは、決して数字だけじゃないよって話。

  3. 新トリートメントメニュー《TOKIO》が想像以上に反響大だった

  4. きちんと自分達の仕事の【生産性と時間管理】を話せる美容師。

  5. 【叱る】と【働く】の意味。

  6. 作品撮りに猛省しつつ。

  7. 美容室でのトリートメントは本当に必要?不必要?

  8. 【インプット】と【アウトプット】を3回ほど繰り返すことで見えて来たもの。

  9. 続。特許技術インカラミ《TOKIOトリートメント》を、周囲で恐らく一番傷んでいるであろう、あの人にや…

PAGE TOP